HOME > 製品案内 > 電動トルクレンチ > MDSトランスデューサー組込式トルクレンチ

電動トルクレンチ(電動ナットランナー) MDSトランスデューサー組込式トルクレンチ

製品一覧
 
 
 
 

用途

高品質レベルのボルト接続においては、ボルト締め技術に最も高い必要条件が求められます。
強力なalkitronic®MDSは、迅速かつ完璧にトルクデータを収集します。
alkitronic® MDS は、法的規制を遵守し、国際的な品質基準(エンドユーザーへの文書化、 追跡可能なボルティングパラメーター)を遵守するお手伝いをします。

製品ラインナップ

手動 alkitronic® HSD、エアー式 alkitronic® CLSD、バッテリー駆動 alkitronic® EASD。
このトルクレンチは、トルク制御のボルト締めと、現場での信頼できる測定データ記録に使用されます。

利点

一般

最適化した作業工程の安全性および作業場での安全性。
保証されたトレーサビリティおよび文書化されたボルト締めジョイント。
トルクは現場で設定し、記録が可能。
OLED表示付きコントロールパネル、Nm または lbf.ft.でトルクを表示。

alkitronic® HSD

締め付けの反復性 − より正確な精度が得られます。
トルク/トルク角度の作業工程、マニュアル設定および文書化は現場で可能。
高い機動性 − 外部動力電源装置に依存しません。

alkitronic® CLSD

実績のあるエアー駆動を備えたアルミニウム鋳造の頑丈なモーターハウジング。

alkitronic® EASD

健康保護:人間工学的に設計された低騒音設計。騒音対策は不要です。
強力で高作業性:2本のリチウムイオンバッテリーパックにより 最大360本のネジ接続が連続して確実に取り付けられます。
電池残量が少なくなっても、精確なトルク遮断を行います。

alkitronic スペシャル

トルクの記録およびセンサーは直接スクエアドライブ上に。
ボルト締めと測定方法を選び、いくつかのプリセットプログラムが選択できます。
メニューにて多言語が選択操作でき、視覚と音の制御や警告信号が使えます。
Bluetooth インターフェースを介してデータ送信をすることで 携帯電話やタブレットのようなその他のデバイスとの通信が可能。
測定データの記録と高速データ伝送用に開発されたalkitronic® APP
プラットフォームに依存しないデータ交換
iOSR および android®モバイル用のalkitronic® APP アプリ及び
CSVファイル転送によるプラットフォームに依存しないデータ交換

MDSトランスデューサー組込式トルクレンチ仕様

alkitronic HSD 仕様

alkitronic HSD 仕様

機種 HSD100 HSD200 HSD400
計測範囲(概算)   Nm 100-1000 200-2000 400-4000
能力(最大)   Nm 1000 2000 4000
スクエアドライブ B   1" 1" 1 1/2"
直径(概算) D1 mm 54 54 72
直径(概算) D2 mm 88 88 98
長さ(概算) L mm 220 295 320
重量(DMA含まず,概算)   kg 6.4 7.6 11.35
無負荷回転数 ギアI   r/min - - -
無負荷回転数 ギアII   r/min - - -

alkitronic CLSD 仕様

alkitronic CLSD 仕様

機種 CLSD100 CLSD200 CLSD400
計測範囲(概算)   Nm 100-1000 200-2000 400-4000
能力(最大)   Nm 1000 2000 4000
スクエアドライブ B   1" 1" 1 1/2"
直径(概算) D1 mm 54 54 72
直径(概算) D2 mm 88 88 98
長さ(概算) L mm 360 390 410
重量(DMA含まず,概算)   kg 10 11.25 15
無負荷回転数 ギアI   r/min 11 5 3.5
無負荷回転数 ギアII   r/min - - -

alkitronic EASD 仕様

alkitronic EASD 仕様

機種 EASD100 EASD200 EASD400
計測範囲(概算)   Nm 100-1000 200-2000 400-4000
能力(最大)   Nm 1000 2000 4000
スクエアドライブ B   1" 1" 1 1/2"
直径(概算) D1 mm 54 54 72
直径(概算) D2 mm 88 88 98
長さ(概算) L mm 370 405 425
重量(DMA含まず,概算)   kg 8.7 10 13.5
無負荷回転数 ギアI   r/min 5 2 1
無負荷回転数 ギアII   r/min 18 6.5 4

プログラムの概要1〜5
(HSD用のプログラム:1〜4、CLSD/EASD用のプログラム:1と5のみ

1 指定トルクで締め付ける
・トルク制御のボルト締め、目標値と許容レベルを持つボルト接続
 
2 トルク/角度工程で締付を行う
・プリトルクと角度はプリセットが可能
・最終トルクの公差仕様(ボルト締めの特性を制御)
・実際のトルクと角度の保存
 
3 トルクのチェック
・すでに締め付けられたボルト接続のモニタリング
・すでに緩められたトルク値の決定
・指定された角度で繰り返しできるテスト方式
・反時計回り方向:始動トルクの決定
 
4 必要とする角度の決定
・テストおよび開発用。プリトルク、ターゲットそれぞれの最終トルクが特定される。
・到達した角度の測定と保存。
 
5 実際のトルクをEASDとCLSD機種のみで表示
・実際のトルクの表示と記録。
 

 グラフィック・ディスプレイによる操作範囲

Program1モードで画像表示の例
"Program1"モードで画像表示の例
設定中に単位(Nm/ft.lb)と言語(ドイツ語/英語)を選択する。(画像2)
画像3はボルト締めパラメーターの設定を示し、画像4はボルト締め値を示す。 警告や通知等は視覚と音信号にて知らせる。

 プログラム2及び4の図

トルク/角度の作業工程用の回転角度設定に関する情報
トルク/角度の作業工程用の回転角度設定に関する情報
A プリトルクと回転角度はボルトの接続用に使用されます。
B 回転角度はHSDを使用してそれぞれ簡単に決定できます。
06-6243-7550 資料請求・お問合せ 会社案内
ページトップに戻る

お気軽にお問合わせください

06-6246-4976

資料請求・お問合せ


このマークの意味は?